交通事故とその対応について


車社会に生きる我々にとって、交通事故は決して対岸の火事ではありません。いくら自分では気を付けているつもりでも、いつどこで交通事故にまきこまれるかは分かりません。そしてもし、交通事故に遭ったなら、その被害について加害者との話し合いとなってきますが、この話し合いを示談と呼びます。交通事故後の処理は、ほとんどの場合、示談交渉となり、調停や裁判まで進むことはありません。ただ、この交渉も個人で行うと、加害者側の保険会社のペースで進むことが多くなるため、相場よりもかなり低い額の示談金しか受け取れません。つまり、示談は弁護士を通して行うことで、充分な示談金を受け取ることができるのです。

交通事故を起こした場合、その加害者が負うべき責任としては、まず刑事責任があります。次に、行政上の責任、そして民事責任です。この民事責任は被害者に対しての慰謝料や損害賠償のことで、ここを示談で行うわけです。

示談を弁護士に依頼することによるメリットとしては、示談金の増額が見込めるということです。加害者側の保険会社は、少しでも示談金を安くしようとしてきます。そして相手は示談のプロです。到底個人では太刀打ちできないものなのです。プロに対抗するには、こちらも法律のプロに依頼するほうがいいのです。示談金は治療費なども含まれます。いくら相手側が交渉を急かしてきてもこれに応じてはいけません。すべては弁護士を通しましょう。このサイトは交通事故の示談の対応について説明します。