示談は弁護士に依頼


事故に遭うと、示談となるケースがほとんどですが、この示談は主に保険会社を通してのものとなります。ただ、こうした場合、個人と保険会社との話し合いでは充分な額の示談金を得ることは難しくなります。しかも、示談金の相場といったものは個人では把握しづらいもので、多くの場合、相手側の保険会社の言いなりとなってしまうのです。

このような場合、充分な示談金を得るには、どうすればいいのでしょう。相手は示談のプロです。個人で立ち向かうのはあまりにも無謀と言えます。つまり、こちらも示談のプロに依頼すればいいのです。

示談を弁護士に依頼するメリットとしては、示談金が増額するという点が最も大きなものです。保険会社は相場よりはるかに低い額での示談金を提示してきます。それに対抗するには、弁護士の力が必要となるのです。また後遺障害の認定に関しても弁護士に依頼することで、被害者にとって有利な後遺障害等級に認定してもらえるのです。もちろんその手続きも弁護士が行ってくれますが、必ず認定前に手続きをしてください。認定後はいくら弁護士であっても等級を変えることはできないのです。示談は弁護士を通じて行うことで、示談金の増額と充分な保証を得ることができます。個人で示談を行うのは危険な行為と覚えておいてください。また、交通事故から示談成立の流れを≪アディーレ≫がまとめているので参考にしてみてください。